女性に大人気!いますぐ受けたくなる株式マネーセミナーを紹介します

女性からも評判のおすすめマネーセミナーを比較 » 女性におすすめ!注目の資産運用とは » 外貨建て保険

外貨建て保険

このページではおすすめできる資産運用の1つである外貨建て保険について解説しています。

外貨建て保険は予定利率が高い

保険でお金を増やしたいけれど、内容に魅力を感じないという場合は外貨建て保険を考えるのも選択肢の1つです。

外貨建て保険とは保険料や保険金、解約金等の支払いが外貨建てとなっている保険のことをいいます。個人年金保険、終身保険、養老保険が販売されていて、外貨建てということを除いては、円建ての商品と変わりありません。

外貨建て保険のメリットは何と言っても予定利率が高いことです。バブル期には日本でも予定利率が5.5%ということもありましたが、2011年2月時点ではある会社で0.22%。これが、米ドル建てなら2.25%、豪ドル建ての場合4.02%というように、円建てに比べ高い予定利率が魅力となっています。

また、外貨ベースでは保険金も解約返戻金もあらかじめ確定していること。円安時に保険金や解約返戻金を受取ると円の受取額が増えるといったメリットもあります。

注意したい為替リスク

外貨建て保険は保険料の払い込みや保険金の支払いなどは、米ドルなどの外貨で行われ保険期間中は外貨で運用されます。

本来ならば外貨での取引を行うために外貨専用の口座を開設する必要がありますが、日本では手続きが面倒になるため円で保険料を支払い、円で保険金を受け取ることができる特約をつけることが多いようです。

ここで注意しなければならないのは、保険料、給付金、死亡保険金、解約返戻金や満期金が為替の影響を受けることです。外国為替のレートが変動することによって差益や差損が生じるということです。

ということは、契約時に外貨ベースでは元本が保証されていたとしても、円高になってしまうと円換算で元本を下回ってしまうというリスクがあるということです。

また、円から外貨にする時、外貨を日本円にする時にそれぞれ0.5円~1円程度の為替手数料がかることも頭に入れておくとよいでしょう。

こうしたリスクがあることから、外貨建て保険はメインの保障として考えるのではなく、日本の円建て保険に追加するかたちで、外貨投資の一環として始めてみるのがよいかもしれませんね。

外貨建て保険口コミ

  • 今の年金があてにならないので、外貨建て保険で資産運用をしようと考え始めてみました。
  • 金融機関の担当者に勧められたので加入したのですが、安全性・確実性から考えると少し不安に思います。