女性に大人気!いますぐ受けたくなる株式マネーセミナーを紹介します

投資信託

このページでは資産運用の1つである投資信託の特長やメリット、デメリットについて解説しています。

資産運用のプロに任せる投資信託

いきなり株に投資するのは何だか不安…という場合は投資信託から始めてみるのがよいかもしれません。投資信託とは複数の投資家から集められたお金を1つにまとめ、資産運用の専門家(プロ)に運用してもらうというものです。

運用成果に応じて投資家には分配金や値上がり益といったかたちで利益が還元される仕組みです。投資信託の商品は株式だけに投資するもの、債券に投資するもの、不動産投資や海外へも投資するものなど様々なタイプがあります。

商品によっては1万円と少額から始められるものもありますし、積立できるものもあります。投資信託によって運用方針が異なりますから、自分のニーズに合ったものを選ぶことが大切です。

小さな資金でも分散投資が可能になること、個人では投資できない資産や地域へ投資できること、運用を任せられるので時間や手間がかからないといったメリットがあります。

運用がうまくいけば預貯金以上の収益を得ることができますが、株式や債券に投資を行うため元本は預貯金のように保証はされません。運用実績によっては元本割れのリスクがあることは覚えておいたほうがよいでしょう。

投資信託はいろいろな手数料がかかる

投資信託は運用を任せる代わりにそれに見合った手数料を支払う必要があります。手数料には以下のようなものがあります。

◇販売手数料
投資信託を購入するときに発生する手数料です。だいたいの場合、購入金額の1%~3%といった一定の割合の金額を支払います。最近ではノーロードと呼ばれる販売手数料を無料に設定した投資信託も増えてきました。

◇信託報酬
投資信託を保有している期間発生するものです。投資信託の運用経費や運用報告書など運用してもらう対価として支払うものです。どの程度の支払いになるのかは投資信託の種類よって違ってきますが、資産総額から一定の年率で計算して決められることが多いようです。

◇信託財産留保額
投資信託を解約するときにかかる手数料のことです。投資信託を解約すると株や債券を売ってお金を用意することになるため、売却にかかる手数料が発生し、これを負担することになります。投資信託ごとに定められていて、信託財産留保額のないものもあります。

以上のように投資信託には手数料はつきものですが、購入する前によく調べてノーロードのものを選択するなど、費用をできるだけ抑えることが利益率のアップにつながります。

投資信託の口コミ

  • 株の目利きができないので、プロが運用する投資信託にしました。でも運用を任せるということは手数料がかかるということもよくわかりました。
  • 日本株に投資したいけど、どの株を選んで良いかわからないのでプロに任せたいと思い始めました。申込手数料が無料のものがあるので、ファンドを選ぶときは要チェックです。