女性に大人気!いますぐ受けたくなる株式マネーセミナーを紹介します

不動産投資

このページでは資産運用の1つである不動産投資の特長やメリット、デメリットについて解説しています。

意外とメリットが多い不動産投資

不動産投資とは投資用の不動産(マンション、アパートなど)を購入し、家賃収入を得たり、購入した物件価格が上がった時に売却して利益を得ることをいいます。

バブルの頃は売却益も期待できましたが、現在では不動産価格の短期間での変動はそれほどないため、毎月の家賃収入を得る方法が主流になっています。

不動産を所有して家賃収入を得るのは株式の配当に似ていますが、株式の配当金よりも大きなリターンを見込むことができます。

ローンを組んで不動産を購入し、家賃収入でローンの返済をしていき完済後は家賃が純利益となるため、将来不足すると言われる年金の補助にするといった私的年金機能を期待して始める方も多いようです。

また、住宅ローンを組んでマンションなどを購入する際には団体信用生命保険に入ることになり、返済の途中で万が一のこと(死亡や重度の後遺障害)が起きた場合はローンの残債務を生命保険会社が一括返済してくれる制度があるため、生命保険的な要素もあります。

さらに、マンション・アパート経営にはローンの金利や登記費用、減価償却費、修繕費、管理費など必要経費が認められるため、サラリーマンやOLの給与所得と合算することで総合所得が減り、節税効果も期待できます。

不動産投資というとリスキーなイメージがあるかもしれませんが、数多くのメリットがあって、意外と人気のある投資商品なのです。

不動産投資のリスクとは

不動産投資のメリットばかりを説明してきましたが、リスクが全くないわけではありません。マンション・アパートの家賃収入を利益と考えると、空室リスクがあります。長期間空室が続いてしまうと、ローンの返済が残っている場合収入がゼロになり持ち出しになってしまいます。

また、災害があったときに物件が破損したり場合によっては倒壊といった可能性もないわけではありません。また、不動産価格の下落によって資産価値が落ちる、流動性が低いためすぐに現金化できないといったこともあります。

不動産投資を成功させるためには、購入する物件の見極めが一番重要になってきます。立地条件はどうか、耐震・免震構造か、設備が充実しているかなど長期間の運用でも利益を生み出してくれるかどうか判断しなければなりません。

不動産は決して安い買い物とは言えませんが、物件購入時の判断さえしっかりしていれば安定的に利益を生み出すことができる投資商品ということができるでしょう。

不動産投資の口コミ

  • ワンルームの投資物件を購入。賃料11万円、ローン9.5万円、管理費0.85万円なので固定資産税を払うと収支はゼロ。還付、節税物件になっています。
  • 最初は地震が怖かったのと、空室が結構ストレスになりましたが、今のところ初期投資以外の持ち出しはありません。
  • 年金不安もあり、現在の預貯金をうまく運用したかったので始めました。地道に物件を選んだので安定した収入を得ることができています。