女性に大人気!いますぐ受けたくなる株式マネーセミナーを紹介します

なぜ、いま女性に資産運用が必要なの?

このカテゴリーではなぜ今資産運用が女性に求められるようになっているのか、また資産運用を始めるにあたって注意点などを説明しています。

預貯金だけでは将来の備えができない

以前、日本が高度成長期には高い金利のおかげで「ただ預けているだけ」でお金が殖えていく時代がありました。

ところが90年代にバブルが崩壊。地価や住宅価格は急落し大手金融機関も破綻するなど状況は一変してしまいました。日銀はゼロ金利政策を実施。低金利時代が始まり、もはや預貯金をしていても、ほとんどお金は殖えていきません。

また低金利に加えて不安材料となるのが年金問題です。少子高齢化が進み、年金制度を支えることが難しくなってきています。このままでは老後の生活費を年金だけに頼るのは難しそうです。

この他に物価が上昇し、お金の価値自体が下がってしまった場合のリスク景気が悪化した場合などのリスクなど不安要素を考え始めたらきりがありません。

こうした状況の中、将来の安心のためにも貯金と投資をバランスよく組み込み、上手に資産運用をする必要性が出てきました。

女性にとって将来、必要なお金はどのくらいかかるか、それをどのように確保するのかを考えることは今、最も重要な課題と言ってよいでしょう。

資産は分散させることが基本

こんな時代だから何かしなければならないのは確かですが、知識も考えもないまま安易に全財産を株や投資につぎ込んでもリスクが高いだけでうまく行きません。

まず資産を分散させることを考えましょう。短期的に必要となるお金のための「備え」と趣味や旅行資金など暮らしに余裕を生むための「ゆとり」、そして時間をかけてゆっくり殖やすための「蓄え」です。

「備え」には定期預金など比較的安定したリスクのない確実性のあるものに当て、「ゆとり」には株や投資信託などリスクをとってもよいものを含めます。「蓄え」にはすぐに必要としない分を10年、20年を見越した長期的に運用できる金融商品に使います。

このように資産を分散しておくことで、どれかがうまく行かなかった場合に他がカバーするようなバランスの良い仕組みを作っておくことが重要です。

何となく理屈はわかったけど、金融商品についての知識がなくて不安と感じたり、安全で確実に資産運用をしたいという方は、まずはマネーセミナーに参加してお金に関する基礎をしっかり学ぶことから始めることをおすすめします。