女性に大人気!いますぐ受けたくなる株式マネーセミナーを紹介します

女性からも評判のおすすめマネーセミナーを比較 » なぜ、いま女性に資産運用が必要なの? » 株式投資が女性に向いている理由

株式投資が女性に向いている理由

男性よりも女性の方が株式投資に適している理由を、男女の性格・傾向の違いを踏まえながら、解説していきます。

男性よりも、女性の方が株式投資に向いている理由

株式投資は、儲かることもあれば、損をすることもあります。

ゆえに、株式投資を一種のギャンブルのようなものとして捉えてしまう人もいるのですが、そういう発想をする人は大抵、株式投資において損をするタイプであり、このタイプは総じて男性に多いと言われています。

その一方で、女性は株式投資において、大崩れすることがあまりありません

確かに、上がったり下がったりを繰り返す「株価」だけを見てしまうと、株式投資はギャンブルのようにも感じられてしまうわけです。

しかし、確実に利益を出す人というのは、株価ではなく、「配当」や「株主優待」に注目しています。

すなわち短期的にではなく、より長期的なスパンに立ったうえで損得を考えているわけですが、こうした発想を自然とできてしまうのが、実は女性なのです。

女性の思考回路は、まさに株式投資向き

男女の性格の違いを比較すると、男性が何事も独断で決めてしまう傾向にあるのに対して、女性は人の意見に耳を傾ける余裕があります。

それと似たことですが、男性が自分のやり方をなかなか変えようとしないのに対して、女性は自分のやり方を変える柔軟性を持ち合わせているのです。

失敗したときの対処法も、男性がその場限りの反省で済ませてしまうのに対して、女性は失敗をいつまでも覚えていて、それを次につなげようとする傾向がありました。

もちろん、すべての男女がこの通りだと言うつもりは毛頭ありません。しかし、男女のおおよその性格・傾向はつかんでいると思います。

  • 人の意見に耳を傾ける
  • 自分のやり方を柔軟に変えることができる
  • 失敗を次につなげる

このような女性の性格は、まさに「株式投資向きの性格」といえるでしょう。

大袈裟にいうなら、女性というのは生まれ持って株式投資に適した生き物なのです。

その証拠というわけではありませんが、とある証券会社が調査したところによると、株式投資による利益の平均額は、男性が18万円であるのに対して、女性はその2.7倍の50万円

しかも、その2年前に実施された前回調査と比較すると、男女を合わせた利益の平均額が86万円から28万円にダウンしているにも関わらず、女性の利益の平均額は39万円から、さきほどの50万円へとアップしています。

この調査結果からも、株式投資には女性の方が向いているということが、おわかりいただけるのではないでしょうか。